DSC06037ヲロチに取られたインディペンデントワールドジュニアヘビー級選手権のベルトを取り返すため、今度はタイガースマスクが挑戦する側に。
独特の緊張感が走る。
ここで、いきなりタイガースのハイキックが決まる。
レフェリーはダウンと判断し、ダウンカウントをとる。
ぎりぎりで起き上がるヲロチ。

DSC06045タイガースの先制から、タイガースペースになるかと思いきや、ヲロチの脚責めに苦しむハメに。
あの手この手で足を攻撃するヲロチ。

DSC06056場外でも、ドラゴンスクリュー

DSC06058足に狙いを定めて椅子をぶつける

DSC06063エプロンでドラゴンスクリュー
これは、ヲロチ自身もエプロンから落下して、角で軽くぶつけるなど、自身にとっても危険が伴う。
続きを読む