7月16日(土)「サマーハクションシリーズ」第4戦
大阪ミナミ ムーブ・オン アリーナ 18:00開始 観衆140人


DSC04475入場式、代表挨拶はスパイダー。なんかすっごくカッチコチだった


■20分1本勝負
 ×瀬戸口直貴
 (8分19秒スズメバチ→体固め)
 ○空牙
DSC04504空牙は瀬戸口相手でも容赦なく場外戦で椅子の海に投げ込む等激しく。
目潰しやらツバ攻撃と相変わらずのジョーカーファイト


■6人タッグマッチ30分1本勝負
 ブラックバファロー&小峠篤司&×三原一晃
 (15分04秒槍撃→片エビ固め)
 タダスケ&○秀吉&HAYATA

DSC04548小峠とタダスケにとってはタイトルマッチ前で意識しあっていたように思うが、それ以上にバファローと秀吉がやたらとハッスル。秀吉はアメプロムーブで正規軍や観客を挑発しまくり。
盛り上がった。

DSC04577フィニッシュの槍撃


■6人タッグマッチ30分1本勝負
 タイガースマスク&○ゼウス&松山勘十郎
 (12分24秒アルゼンチンバックブリーカー)
 くいしんぼう仮面&×えべっさん&タコヤキーダー

DSC04591寅、神、歌舞伎役者の謎チーム
タイガースマスクとえべっさんはいつものやりとりから。
肘をふりあげてえべっさんに向かっていくタイガースは即返り討ち、くいさんにもやられるが、タコちゃんだけには膝を叩き込む。これを3回ほどリピートw

DSC04610ゼウスがくいしんぼうの頭を締め上げるのに夢中になっているうちに、残りのメンバーでヘッドロックごっつんこ。
ワンテンポおくれてくいしんぼうをヘッドロックで捕らえたゼウス、しかしすっかりタイミングを失いおろおろ。
その間もどんどん試合は進行していく
ゼウスの目の前に落ちてきてぐったりしたえべっさんを、アルゼンチンで仕留めた


■3WAYマッチ30分1本勝負
 ○アルティメット・スパイダーJr
 (12分24秒ダブルスクールボーイ)
 ×ヲロチ ×原田大輔

DSC04638月曜のタッグタイトル戦の前哨戦
出だしこそはややぎこちなく見えたものの、時間とともに目まぐるしく立ちまわる3者
正規軍同士でさえ利用することはあれど、手を組むことはなく、隙を見つければ取りに行く

DSC04672最後をがっちり決めたのはスパイダー
二人まとめてというところが良かった


■60分1本勝負
 ○ビリーケン・キッド
 (3分47秒腕固め)
 ×政宗

DSC04686政宗はセコンドにジョーカーメンバーを引き連れて登場。
ビリーは、政宗をジャベで追い込み、ジョーカーの一斉の介入にもひるむことなくなぎ倒す
ジョーカー加入時に身につけたキックやフィッシャーマンズボムも使用

DSC04698最後は新技の腕固めで政宗からタップを奪った。
この腕固めの名前は「エスペランサ」と名付けられた。

DSC04705日曜にはビリーと対戦の決まっていた秀吉。
ビリーの挑発にのり、セコンドを入れない1対1の条件を飲む。
この時の秀吉のマイクにシビれた。
もっとガツガツと前に出てきてほしい。

DSC04709カメラに向かってアピールするビリー
迷いを払拭し、むしろこれまでになく強気なビリーが少し怖い気も
現時点では、どこにも属さず単独行動とのこと。

今回は、いつもトゥギャる私やhazelさんが観戦のため、代わりにsumo24さんがトゥギャッってくれました。
自主的にまとめてくれる有り難さよ。感謝です。

・7.16大阪プロレス「サマーハクションシリーズ」第4戦