3月12日(土)「スプリングサンバシリーズ」第3戦
大阪ミナミ ムーブ・オン アリーナ 18:00開始 観衆134人

■6人タッグマッチ20分1本勝負
 ビリーケン・キッド&ミラクルマン&×アルティメット・スパイダーJr
 (11分25秒雷切→片エビ固め)
 空牙&○政宗&HAYATA


■タッグマッチ30分1本勝負
 松山勘十郎&○タコヤキーダー
 (12分27秒タコヤキボトム→エビ固め)
 くいしんぼう仮面&×えべっさん


※試合後、松山勘十郎は3月26日サンボーにて行われるダンプ松本戦が一人では心細いのでタコヤキを挑戦者として指名。しかし、タコヤキは「やらぬ!」と断る。しかし、松山勘十郎の巧みな話術により、10秒後には承諾。こうして大阪プロレスお笑い選手権試合は王者、松山、ダンプ、タコヤキでの3WAYマッチとなった。

■タッグマッチ30分1本勝負
 ○タイガースマスク&瀬戸口直貴
 (9分46秒スクールボーイ)
 ×秀吉&ブラックバファロー


■スペシャル3WAYマッチ30分1本勝負
 ○小峠篤司
 (11分44秒藤原クラッチ)
 ×ヲロチ
※もう一人はThe bodyguard


■スペシャル3WAYマッチ30分1本勝負
 ○ゼウス
 (9分36秒チョークスラム→片エビ固め)
 ×原田大輔
※もう一人はタダスケ


※試合後、ゼウスが勝ち誇るとタダスケがマイクを取り「オレはお前には負けてへんぞ!こんなややこしいルールでやってられるか!来週のタイトルマッチはルールを変更しろ!勝ち残りルールや!」と一人が負けると決着となる3WAYのルールから、ほかの2チームを負かすルールに変更を主張。ゼウス、小峠はこれを承諾し、来週のタッグ選手権は勝ち残りの3WAYマッチにて行われることとなった。


パクチさんがご観戦です。ブログのほうで速報されていました。
携帯写真限界挑戦ブログ、速報はこちらから

大阪プロレスでは昨日より義捐金募金箱を会場に設置しています。
会場におこしの際はよろしくお願い致します。