ミラクルマンが、タイガースに勝って言いたいことがあると天王山が始まる前に発言。
どういう内容なのか注目が集まる中、ついに公式戦が始まった。

DSC07449 ミラクルキックの応酬

DSC07453タイガースはミラクルの足を取ってグランドへ

DSC07455くるくると体勢を変える

DSC07460タイガースをコーナーに追い詰めたミラクルマンは、キックで猛ラッシュ

DSC07462そして、バックドロップ
DSC07465タイガースがスリーパー

DSC07467入れ替わってミラクルマンは、フェイスロック

DSC07470再び蹴り合いに

DSC07473タイガースが、アンクルホールド

DSC07474パスゾーキック

DSC07475さらにジャーマン

DSC07477攻めこまれたミラクルマンだったが、タイガースを場外へ追いやると、トペ

DSC07478しかし、足を痛めてしまったらしく、セコンド陣が駆けつける。
場外カウントが進み、タコが「あと5カウントですよ」というと、珍しくタイガースが声を荒げ「余計なこと言うな!」

DSC07479なんとかリングに這い上がったミラクルマンを再度場外へ掘り出し「戻ってくるな!」「諦めろ」「(セコンドに)お前ら手伝うな」と厳しい。

DSC07484周囲を振り切り再度自力でリングに上がったミラクルマンの足を容赦なく攻めるタイガース。
タイガースが、レフェリーに「何故止めない」と詰め寄る場面も。
叫びながらもギブアップしないミラクルだったが、ついにクロストゥーホールドで、レフェリーストップとなった。

DSC07485一斉にセコンドにいた選手が駆けつけ緊迫した雰囲気に
結果、大事には至らなかったようですが

DSC07491結果は、タイガースの勝利で終わったが、ミラクルマンは、何故この試合を組んでもらったかその理由を説明。
タイガースに勝ち、さらにタイガースの持つインディジュニアのベルトに挑戦し、かつて抗争していたことのあるTAKAみちのくに試合を申し込むと言うもの。
それに対し、タイガースは厳しい言葉で撥ね付けながらも、最後は「来年の天王山一回戦、待ってますよ」と言い残し退場。

その後、ミラクルマンはTwitterでTAKAみちにくに公開オファー。
その様子はこちらのまとめで。