<大阪プロレス>
10月27日(水)『プチミラ4』
大阪ミナミ ムーブ・オン アリーナ 13:00開始 観衆235人(満員)

ミラクルマンがプチミラ開催の挨拶中に、タイガースマスク&華名&サスケが登場。
サスケは手に虫取り網。
タイガースは、ミラクルマンがバンドをやっていることや、更にソロ活動を始めようとしてる事に突っ込み、頭、大丈夫ですかぁ?とミラクルマンをおちょくる。
サスケにマイクを渡してみると「バンドにはいらないか?」と勧誘
そう言えば、吉川晃司に見えてきたとタイガース
ミラクルマン、吉川晃司に。
華名が、氷室京介にも見えるというと、氷室京介に。
サスケは、マイケル・ジャクソンww
悩んだあげくやってみるも、微妙な空気に。
さんざん遊んでサスケ軍団退場。
ミラクルマン、今のはなかったことにとさらっと締めた。


■20分1本勝負
 ×タコヤキーダー
 (9分54秒スパイダードライバー→片エビ固め)
 ○アルティメット・スパイダーJr

フレッシュなシングルマッチ。
試合はほぼ均衡
タコは、フィニッシュにタコヤキスピンを宣言するが、スパイダーはさせない。
たたみかけてスパイダードライバーで勝利。


■天保山選手権王座決定戦・予選 3WAYマッチ30分1本勝負
 ○えべっさん
 (10分25秒荒川アンダー・ザ・ブリッジ)
 ×松山勘十郎 ×佐野直

序盤はあまりに自由な勘えべに直は全く付いていけず。
当たるはずのないところで、えべっさんの蹴りを顔面にくらう奇跡。
いろんな意味で絶好調だったえべっさんが予選を突破。


■天保山選手権王座決定戦・予選 3WAYマッチ30分1本勝負
 ○ビリーケン・キッド
 (8分25秒スクールボーイ)
 ×グレート・カイザー
※もう一人は救世忍者乱丸

乱丸の新喜劇のりの自己紹介からスタート。
ビリーものりを合わせて自己紹介。
そしてカイザー。
「ふはははは。俺はグレートカイザー様だ。カイザー星人と地球人のハーフなのだ。だがそんな事はどうでもいい。俺様の目的は、大阪プロレスをファックやSPG(だったっけ?)のような、どインディーにすることだ。リングに上がる階段がビール瓶ケースになるのだ」
と言うことで、乱丸とビリーが力を合わせて戦う。
ピンチになったカイザーは、暗黒魔術で出始めにスパイダーを仮面ライダーブラックに。
そして、ビリーをゾルゲに
ビリー「グロロロロ」と乱丸を襲う
乱丸を羽交い締めにし「カイザー様、今です。」
しかし、乱丸はカイザーのラリアットをよける。ラリアットはビリーに。
これで催眠術が解けビリーは正気に。
怒ったカイザーはビリーをまいっちんぐまちこ先生にしようと呪文を唱える。
が、乱丸がビリーの身代わりに。
カイザーに向け「まいっちんぐ☆」
コレにダメージを受けたカイザー
すかさずビリーがスクールボーイで勝利。
なかば乱丸のおかげw

※追記)SPGでなく、SGPが正解だそうです。コメントにて教えて頂きました。ありがとうございます。


■天保山選手権王座決定戦 カラオケ対決
 ○ビリーケン・キッド
 (マイレボリューション)
 ×えべっさん

ビリーさん「俺に選択権は無いのか。光ゲンジのガラスの十代とかダメなの?じゃあせめて歌詞カードは?」どれも聞き入れて貰えず。
中盤の歌詞が分からず、ららら〜で通す。
お客様判定でビリー圧勝。
天保山チャンピオンとなる。


■タッグマッチ30分1本勝負
 ブラックバファロー&○タダスケ
 (10分15秒アウトキャスト→片エビ固め)
 空牙&×HAYATA

面白かったっす。
空牙のドロップキック、高さがあったなぁ。


■6人タッグマッチ60分1本勝負
 ○ミラクルマン&くいしんぼう仮面&アップルみゆき
 (21分59秒ミラクルドライバー→片エビ固め)
 ×ザ・グレート・サスケ&タイガースマスク&華名

大阪プロレスのいつものお笑いにサスケが入った内容。
サスケ軍団の選手コールが長い。
一人一人の経歴を長々と紹介。
対して、アポたんは「アップルみゆき」のみ
そして、その他二人w
はじめに、女子は女子、男子は男子でと念をおすサスケ
あとはタイガースの昔取った杵づか祭り。
セコンドのバファローがやいやい。
たまにしれっとリングに。
スパルタンXあり。
いよいよラダー登場。
しかし、これは照明のホコリ落としとチェックのみ
タイガースがチャンスを作り二度目のラダー登場。
ロープに絶妙な角度で立てかけ、ミラクルマンをダウンさせる
コーナーから飛んでミラクルマンに真っ逆様!かと思いきや、間一髪でミラクルマンは回避。
サスケは頭からラダーに突っ込む大自爆w
名人芸ともいう。
ミラクルドライバーでミラクルマン勝利
のた打ちまわるサスケ
ひとしきりのた打ち退場。


速報ツイートまとめはこちら