ついに大阪プロレスのラジオ番組も最終回(´;ω;`)1年と4ヶ月かぁ。思ってたより長くやってくれたなぁと思います。
本日は、ゲストに原田くんを迎え、スタジオに来れない選手達から番組へのメッセージで構成(但し全員ではありません。残念)
ですが、阪上会長はじめ、レギュラーを務めてきた(短かったけど)タイガースさん、勘ちゃん、ビリーさん、お疲れ様でしたー。とっても楽しい番組をありがとう。


大江「はい、ということで、今週は私、大江が担当させて頂きます。よろしくお願いします」
会長「はい。かよちゃん久しぶり〜」
大江「はい。こちらこそ〜。暑い日、続いてますけど、会長はお元気でしたか?」
会長「ホンマ暑いよな。最近ねぇ。でも、僕らと違って室内にずっといらっしゃるんじゃないですか?普段は」
大江「やっ、そんなことないですよ〜」
会長「なんか仕事してるんですか?」
大江「外へ色々行ってますよ。散歩したりとか、朝の日課です」
会長「そうなんや。やー、まあ、あの、先週もねお知らせしたんですけどもね、いよいよ今晩、今日で最終回。この番組も」
大江「そうなんですよ〜」
会長「残念ですよねぇ」
大江「やっとね、しゃべれるようになってきたんですよ。ホントに〜」
会長「そうかぁ・・・?いや、むしろ最終回は大江さんで良かったんかいなっていう議論があったんやけどな」
大江「あ〜、それを言われたら、コメントはちょっと控えさせて頂きます」
会長「そうですか。いやホントにね、楽しくなってきたとこやったもんねぇ」
大江「そうですよね〜」
会長「んまあ、頑張りましょ。最終回」
大江「はい。お願いします」
会長「えー最終回。本来ならねいつものように黄色い偽善者を、ここで紹介するとこやったんですけども、結局今夜もね、事情あってこれてないので、仕方がなくこの男を呼んでます」

「はい、皆さんこんばんわ。記念すべき最終回に呼んでもらって、大変光栄に思っております。原田さんです。よろしくお願いします」

会長「おお〜〜〜〜。しゃべれるやん!原田」
原田「ああ、ありがとうございます」
会長「全然緊張してへんやん。まああの〜ビリーに続き大阪プロレスでは、二番手の偽善者と呼ばれてますんでね」
大江「あらららららら」
原田「いや、そんなことないです」
会長「意外と悪いんですよ。こいつ」
大江「あ」
会長「でも折角ね最終回来てくれたんでね、色々進めていきましょうか」
大江「そうですね」
会長「ねぇ。早速ねぇ。なんやかんや言うて番組の方もね、1年4ヶ月ですよね」
大江「そうですね」
会長「この大阪プロレスムーブオン。楽しんでいただいたと思うんですけどね、折角なんで、今日はちょっと番組の内容を変えてですね、あの〜、用意してる、うちの選手からの・・・え〜と、なんで言うんですかね?これは」
大江「メッセージって言うんですか?」
会長「メッセージですかねぇ。なってるんかどうか分からんけど、一回聞いてみましょうか」
大江「はい。聞いてみましょうか」
会長「はい」


スパイダー
「はい。えー大阪プロレスのアルティメット・スパイダーJrです。自分は二回ほど番組に出させていただきました。えー今回で、最終回というのは、非常に残念ですが、今後とも大阪プロレスを、そして、FM大阪をよろしくお願いします!」

ミラクルマン
「大阪プロレスのミラクルマンです。この番組は今日で終わってしまいますが、え〜〜〜近く!ミラクルマンパーソナリティ新番組でお会いしましょう〜〜〜〜」

秀吉
「えー、大阪プロレスの秀吉です。えー、そうですね、今日でこの番組は終わりますが、引き続きミラクル師匠のパーソナルの・・・えっと番組ですかね、それに、サポートして頑張っていきたいと思います!よろしくお願いします!」

タダスケ
「あ、どうも。LOVのタダスケです。あ、どもども、ごっちゃんしー。おつかれっしたー」

えべっさん
「はい。大阪プロレスのえべっさんです。はい。私もこの番組には、えー何回か出演させて頂きましたけども、えー今回終わりということで、まことに残念でございます。そして、これからも大阪プロレス、そしてFM大阪さん、えー商売繁盛でよろしくお願い致します。えー、そしたら最後に、くいしんぼう仮面より一言」

くいしんぼう仮面
「え”っ」
会長「なんじゃあ、それw いやまあホンマねぇ、人間みんな性格でますねぇ」
大江「そうですね〜」
会長「ん、これあのホンマに、なんて言うんですか、急に皆に・・・なぁ、原田」
原田「はい」
会長「だからあの〜原田はちょっと事情があって、頂いてないんで、今日はスパイダーから始まり、ミラクル、秀吉、タダスケ、えべっさん、くいしんぼう!・・・どう?最後にふさわしいメッセージあった?」
原田「あ、スパイダーが良いコメントしてましたね。やっぱり」
会長「やっぱり!」
原田「はい。素晴らしい。やっぱタダスケは、ちょっとアホみたいなコメント・・」
会長「タダスケらしいなぁ」
原田「はい。タダスケらしい」
会長「で、なんか二番目、三番目のなんか変わった二人、訳の解らんこと言うてたよなぁ」
原田「新しい番組が始まると」
会長「訳の解らんよなぁ」
原田「ミラクルマンの・・・はい」
会長「ミラクルマンと・・・らいしいなぁ」
原田「らしいです」
会長「ちょっとほっとこ。それは。で、えべっさんもなちゃんと頂いたよな」
原田「はい。ちゃんとしゃべってましたね」
会長「えべっさん珍しくなぁ。この日は、ビールも飲んでないと思うんやけどな」
原田「まだ飲んでないと」
会長「シラフですかー。なるほど」
原田「素晴らしいです」
会長「録りに行っていただいた方から、シラフですとあったんで。そしたらシラフでしょ。じゃあ、そしたら最後、くいちゃんはな」
原田「そうですね。しゃべれないんで」
会長「もう、目一杯のね、気持ちやったんやろね」
原田「はい」
会長「いつもより若干ゲップが長くね。じゃあ次に」


瀬戸口直貴
「どうも。大阪プロレスの瀬戸口直貴です。FM大阪様の放送をですねさせて頂きまして、大阪プロレス色々と宣伝させて頂きました。えー、これからも大阪プロレス、FM大阪さん、ばんざ〜い」

三原一晃
「はい。大阪プロレスの三原一晃です。えーこの番組では二回ほど出演させて頂いたんですが、えー、また、どっかでラジオをやりたいと思います。ありがとうございました」

タイガースマスク
「タイガースマスクで〜す。え〜〜〜〜ざんねんです。・・・・じゃ、また。・・・・・・さよなら!」

ブラックバファロー
「えーブラックバファローです。えーー私はスタジオの方に、えーーー1回しか行ってないのかな。もうちょっとやりたかったですね。えーーーーうちの会長のね、番組って言うことなんで、えー、次はラジオから、テレビの方に進出したいと思っております。ブラックバファローでした。いじょ〜〜〜う」

ユタカ
「こんにちは。ユタカです。えー以前、ラジオに出演させて頂きまして、ありがとうございました。ラジオは終わってしまいますが、えーまた、再開して面白い話をいっぱいしたいと思います。どうもありがとうございました!」


会長「なるほど。さすが性格出てるね。ここもやっぱり。まず、まじめな瀬戸口から始まり、三原、タイガース、バファロー、ユタカ・・・なんか良いのあった?コメント」
原田「いやでもなんか、皆さん皆さん、まじめなコメントが多かったですね。今回」
会長「どこが?」
原田「いやいや」
会長「三番目の奴まじめやったか?」
原田「やーそれはちょっとアレですけど、他の方は」
会長「三番目誰よ」
原田「いやいやいや、それは飛ばしといて」
会長「あ、タイガースな」
原田「あ、ああ〜」
会長「タイガースだけが良くなかったと」
原田「・・・・そうですね」
会長「言うてしまったなぁ。いやもう、あいつらしいよな。で、バファローが意外にもまじめなコメントで」
原田「テレビに出ると。次は。言ってましたね」
会長「なぁ。ぜひそう言うのもな」
原田「はい」
会長「ということで、次のステップとしてな。すごいお世話になったけど、彼は何故かというとあまり出れなかったから、ということでしょうね。きっとね。まあまあまあ。そういう事で、次も聞いてみましょう」
大江「どうぞ」


政宗
「はい。大阪プロレス、政宗です。えー、それでは皆さん、道頓堀の試合会場でお待ちしております。どうも〜」

吉野恵悟
「はい。どうも皆さんご無沙汰しております。レフリーの吉野恵悟です。えー、というわけで、自分も何回か出させていただいた番組が終わるというのは、非常に残念でございますけども、はい、えー前向きに、前向きに考えましてFM大阪さん、何か番組に出るとこあったら、ぜひともよろしくお願いします」

タコヤキーダー
「んふ〜終わってしまうの残念やわぁ。余の『大阪ゼロロク〜』の歌がもう聞けなくなるなんて!あ〜〜絶体絶命やぁ〜」

ヨーネル・サンダース
「ミナサ〜ン、コンニチワ。ヨーネル・サンダースデェ〜ス。ケンタッキー(プワァ←ぴーちゃん)」

宮尾信次郎
「大阪プロレスリングアナの宮尾信次郎です。えーFM大阪の番組が終わってしまいますが、私、出たのは一度きりでした。えーまたいろいろ出させてください。よろしくお願いします」

ザ・ボディガー
「大阪プロレスのザ・ボディガーです。えー大阪プロレスムーブオンが終わるというのを聞きまして、非常に残念に思います。まだ一回しか出ていないので、もっと出たかったです。まあラジオは終わりますけども、えー大阪プロレスはこれからもまだまだやっていきますんで、皆さん、是非会場に足を運んで見に来てください。ザ・ボディガーもまだまだ暴れまくりますので、よろしくお願いします」


会長「なるほど」
大江「個性が豊かですね」
会長「ここのチームは個性がなかなか。政宗、吉野、タコヤキーダー、ヨーネル、宮尾、ボディガー、ですよね。ま、政宗は、普通にね、ピッと流れた感じやったけども、吉野かなんかがね」
大江「ちょっと貪欲に、お仕事」
会長「ホントに今後も大阪プロレスどっかに呼んでくれと、非常に良いアピールで。そして、あのCMでは非常に活躍してくれたタコ。やっぱタコヤキってあれやな。意外と声で聞いて、音声で聞いたらオモロイな」
原田「素晴らしいですね」
会長「素晴らしいなぁ」
原田「さすがタコヤキーダー選手ですね」
会長「いやぁ、ホンマおもろいと思うよ。原田とタコヤキって凄い仲が良いんでね」
原田「はい」
会長「近々出るですね、あの〜大阪プロレスの、あの〜」
原田「勘弁してください。会長勘弁してください」
会長「あの〜他団体の、どこでした?え〜〜〜」
原田「勘弁してください」
会長「ドラゴンゲート!ドラゴンゲートの対抗戦のビデオが出るんですよね」
大江「ああ〜」
原田「駄目です」
会長「それを、見ていただくと、タコヤキと原田との仲の良さが分かりますんで」
原田「駄目です」
会長「ぜひ、みなさん買ってください」
大江「はい、お願いします」
会長「それでですね。ヨーネル。個性的な、ぴぃ〜ってなってたけどね」
大江「面白いですね」
会長「まあまあ、さすがやな。で、あとは、誰?」
原田「宮尾さんと、ボディガーです」
会長「ボディガーなんか、しゃべっとったなぁ」
原田「一番長かったですね」
会長「長かったなぁ。無口な感じしとってなぁ」
原田「あんだけしゃべるんですね」
大江「私もびっくりしました」
会長「あーそう。でも、こうやってね、皆、気持ち入ったねメッセージくれたんでね。ありがとうございました」
大江「それでは会長、一曲目のリクエストお願いします」
会長「はい。じゃあ、大事マンブラザーズバンドの『それが大事』をお願いします」

…対抗戦の話w 会長意地悪やねww

会長「はい。最後にふさわしいジンとくるような、いい曲でしょ?気持ち入るよね」
大江「はい」
会長「実はですね、一人忘れてましてね、メッセージ。あのー大事なメッセージ今回貰えなかったんで、わざわざここのスタジオまで来て・・・はい、原田!メッセージ」
大江「お願いします」
原田「えーそうですね、自分が初めて呼んでいただいたのは、あの、ムーブオンアリーナで録った時の、小峠さんと松山さんと、あの時が初めてで、あれから計、今日を入れて四回目」
会長「ほぉ〜ボディガーと違って四回も」
原田「四回も呼んでいただきまして、そうですね、やっぱりこう、プロレスラーて言うのは、ラジオにでる機会は少ないことだったと思うんで、そういう意味ではやっぱりFM大阪さんには、すごい感謝をしております」
会長「そうやね。いい言葉やね」
原田「はい。ありがとうございました」
会長「はい。わかりました。まあ、原田がね、そういう風に言ってくれるんやから、それだけ言いに来てくれたと言うことなんで」
大江「ほんとにねぇ。ありがとうございます」
会長「ありがとう。原田」
大江「いろいろあったんですけど、一番印象に残ってることとかは、他には無いんですか?」
原田「印象に残ってることですか?なんでしょうねぇ。うーーーーーーーーーーー」
会長「まあ、しゃべれるようになったということにしよ。ホンマに原田も、リングの上ではしゃべれるんやけども、番組の時はすごい緊張するんよねぇ」
大江「やっぱりね、自分のところが一番ね」
会長「タコの良さが分かってよかったやん」
原田「それはもう前から分かってました」
会長「はい、分かりました」
大江「それでは、会長、もう一曲目のリクエストお願いします」
会長「えーオープニングでね、いつも流れてる曲で、ホントにお世話になって、思い出の一曲になりました。それでは聞いてもらいましょう」

…SKYAの「それいけ!大阪プロレス」のオープニングでもありますね。タイトルは特にないのかしら

会長「はい。いよいよこの番組も最後になりました。本当にねFM大阪さんには、お世話になりました。リスナーの皆さん、そして大阪プロレスのファンの皆さん、1年4ヶ月お届けした番組ですけども、ありがとうございました。楽しんで頂けましたでしょうか。ねぇ」
大江「ほんとですよね。私も初めてプロレスを見させていただくことにになって、凄い勉強になりましたし、凄い面白いなと思って、これからもどんどん大阪プロレスさんを応援しながら、頑張って行きたいと思います」
会長「本当にこの番組を作った、お世話になったFM大阪さんにお世話になったのは、ちょっとでもプロレスのことを知ってもらおうと、会場に来て頂いてる人以外にもね、知ってもらえるようにって言うことで、沢山の方が聴いてますもんねぇ。FM大阪さんは」
大江「そうですよね。そうですよね」
会長「この番組をやって、そして僕もいろんな人との出会いがあって、ホントに感謝してます」
大江「いろんなゲストの方も来ていただきましたしね」
会長「ねぇ。本当に感謝してますし、野田さんもね、吉沢さん(?)にもお世話になりましたし、良かったな!原田」
原田「はい」
大江「はい。ありがとうございました。もうそろそろ残念ですが、お時間が来てしまいました」
会長「はい。分かりました。え、今夜も皆さんお疲れ様でした。それではリスナーの皆さん、最後になりましたが〜!全員で」
全員「ありがとうございました〜」

…ありがとうございました〜。