なんとな〜く、だらけモードです。
余所事ばっかりやってまう('A`)

タイトルだけやと、UMA対決みたいですが、正しくは、KUSHIDA対かずくんです。
そして、かずくんが、せんとくん似を提唱していたワタクシですが、ここにもう一人、かずくん=せんとくんを提唱する人物が!
それはそれは、けが人吉野レフ!(ブログ参照ww)
せんとくんに加え、新たな名、平助を獲得
理由は不明ですが、アナグラムじゃないよねぇ?
三原一晃→かずくん→せんとくん→平助、どこまで呼び名が増えるのか、これからのかずくんに期待(゚∀゚)アヒャヒャ

ではレポ待ちの方、大変長らくおまんたせいたしました。

ヘッドロックヘッドロック
ロープの反動を使って、必死で振りほどこうとするが、がっちり締め上げ離さないクシダ

tyoppuクシダは、三原のからだが反るくらい、強烈なチョップを見舞い、来い!と促す
クシダくん結構パワーある?

せんときーっくせんときーっく!ならぬ、ドロップキック
なんだか重そうだ。

逆エビ余裕

逆エビに持ち込んだ三原、渾身の力で反らせて行く
対するクシダは、カラダを上げ余裕を見せる

強烈なエルボー強烈なエルボーを返す三原
クシダは、これがかなり顎に効いたらしく、試合終了後、自分の顎を指して三原にアピール

ハッスルハッスル勝利の締めは、大阪プロレスのリングでも「ハッスル!ハッスル!」

6.1と6.7とKUSHIDA選手の試合を見ましたが、良い選手だなーと思いました
動きはもちろん、気持ちもとても熱いものを持っていて、それを素直に表現していて好感度大です
タッグで組んだ時も、今回みたく戦った時も、三原君の良い所を最大限に引き出そうとしているように感じました。
そして、それ以上のものを返して行こうとする三原には、これからの成長を期待させてくれるものがあります
余計な混じり物のない二人は、純粋に応援したくなりますね


ちきゅうにうまれてヨカッタァ〜